<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サハラマラソン 番外編4『副作用』

大会後半は、大会2か月前に痛めていた足の痛みと、
日々増え続けるマメと水膨れの痛みに我慢できず
持参していた鎮痛剤の服用した。
ほとんどの痛みは消えるのだが、右足の外側のマメの痛みだけは消えなかった。
そこで手に入れたのが、‘tent53’仲間のR君から頂いたアメリカの鎮痛剤。
b0128225_16242579.jpg

スタート前に服用して走り始めたが、
やっぱり右足の外側のマメの痛みだけは消えなかった。
が、他の部分に効きすぎたようで、全身ボ~としたまま走ってました。
意識もボヤっとして感じ。
この感覚が鎮痛剤の効果?と気がついたのは、
Bivouc直前だったから思考能力にも効いていた。

で、もっと凄いのが翌日からの身体。

特に顔は別人です。
↓こんな顔で3日間走りました。
b0128225_16243735.jpg

日本に帰国して、勤務先の先輩に撮影した写真を見せたら、
「もう一人、カープのユニフォームを着た参加者がいたの?」
と言われるほど変顔してしまいました。

因みに1週間ほど、寝起きは変顔してました。
↓大会終了後のモロッコのホテルでの夕方の顔も・・・・・。
b0128225_1624536.jpg

鎮痛剤って凄い!?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
右記リンク欄の企業様に
サハラマラソン参加を応援していただきました。
ありがとうございます。

[PR]
by cajiva6517 | 2014-06-29 16:27 | MDS レポート

サハラマラソン 番外編3『はぴ』

サハラマラソンの出場を決めたころ、我が家は4人家族だった。
正確には3人家族+ハムスター1匹。
名前は『ハピネス』通称『はぴ』(名付け親は娘)
名前の通り、我が家に“ハピネス”を持ちこんでくれた。
まだ暗い中、早朝ジョグの為に起きると、『はぴ』は回し車の中をに走っていた。
その走りに負けまいと、走っていた自分。

ある朝、『はぴ』の様子がおかしかった。

その時が来てしまった。

あの日から、我が家は3人家族に戻ったが、
今でも毎日のように『はぴ』の事が話題になる。

そんなある日、ラジオから流れた1曲。
Pharrell Williamsの 「Happy」

この日から、この曲は『はぴ』の曲になった。

b0128225_12155438.jpg

そして、サハラマラソン初日の『4月6日(日)stage 1』
スタート直前に、主催者のPatrick Bauerがスタート地点で、
stage1のコース説明をし、大好きなオージーバンドAC/DCの
「 Highway to Hell」がながれるだろうと思っていたら、
なんと「Happy」がながれた。

毎朝、スタート前のブリーフィング時に、
その日の誕生日の人を祝福しながら「Happy」がながれた。

「あ~『はぴ』も応援してくれてるんだ。」

それからの7日間、『はぴ』と共にサハラ砂漠を走った。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
右記リンク欄の企業様に
サハラマラソン参加を応援していただきました。
ありがとうございます。

[PR]
by cajiva6517 | 2014-06-22 12:18 | MDS レポート

サハラマラソン 番外編2『朝日新聞掲載』

6/15 朝日新聞 広島版に、掲載していただきました。

電子版にも掲載されています。

http://www.asahi.com/area/hiroshima/articles/MTW20140616351080001.html

あ。昨日、43歳になりました。

「サハラマラソン」が終り、「あさきた里山マスターズ」を制覇してしまったら、
目標が無くなってしまった。
43歳の目標・・・・何かないかな~。

目標を探すのが、目標・・・・?。
[PR]
by cajiva6517 | 2014-06-19 20:23 | MDS レポート

サハラマラソン 番外編1『メディカル珍事件』

毎日、Bivoucに着くと、マメや水膨れの処置をしてもらう為、
MEDICALに直行していたが、stage 2のMEDICALで事件は起こった。
おそらくMEDICALで処置をしてくれる医師(?)は
ボランティア(学生?)なのだろうが、
その日の足の状態は最悪で、3人がかりで切ったり貼ったり・・・・。
そして慌てだす一人のお兄ちゃん・・・・あれ?手袋してないよ・・・。
自分の指切ったみたい。
皆慌てだす・・・・偉そうなお姉さんが来た。
フランス語と英語で色々話をされた。
あ~なるほどね。
俺の血が、お兄ちゃんの切った指に入ったかもしれないと…。
HIVや危ないウイルス持ってないかと聞いてきた。
何にも持ってないと言っても納得しないよね~。

ゼッケン1020を確認され、帰国したらHIVの検査に行って
証明書をメールで送れと言われたが・・・・。

俺が悪いんじゃないよ。

5/24に勤務先の健康診断を受けたが、HIV検知されないよ。
当たり前だけど。

ま、AOIから何も言ってこないからいっか。

今日6/15(日)発行の朝日新聞朝刊(広島版)に、
今回のサハラマラソンについての記事を掲載していただきました。
もし、購読していらっしゃる方がいましたら、ご拝読いただけたら嬉しいです。

b0128225_16382682.jpg

↑LSDには、いつも「スポーツようかん+」でエネルギー補給!!!

で、今日は山好きの義父母から紹介された
広島市安佐北区役所が行っている「あさきた里山マスターズ」全39山の、
笹ヶ丸山(648m)に自宅から往復ランニングで向かい登頂してきました。(往復64km)
b0128225_16384366.jpg

この登頂で、「あさきた里山マスターズ」全山登頂しました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
右記リンク欄の企業様に
サハラマラソン参加を応援していただきました。
ありがとうございます。

[PR]
by cajiva6517 | 2014-06-15 16:41 | MDS レポート

サハラマラソン レポート8『4月12日(土)Stage 6』

4月12日(土)stage 6
Igadoun Tarhbalt ? Ait Ichchou - 7,7 km
制限時間00時間【UNICEFチャリティーステージ】
スタート:am9:30:00 最終ゴール時間設定無し

↓日本人完走者全員で‘stage 6’スタート前に記念撮影(オレどこだ?)
b0128225_16422732.jpg

参加者全員がスカイブルーの【UNICEF】Tシャツを着て7.7kmを走り歩く。
b0128225_16453754.jpg

競技ではなく【UNICEF】の〈子供を保護するためのメッセージPR〉のstage。
このようなイベントがあるのもサハラマラソンの大きな魅力。
自分は“tent53”で一緒に過ごしたFさん・Oさんと3人で、サハラ砂漠を惜しみながら、
ほぼ最後尾を歩き、サハラ砂漠の砂をペットボトルに詰め込んだりしながらゴールした。
これで本当にサハラマラソンが終わった。
b0128225_16472037.jpg

選手や関係者を載せたバスの中で、
「次にサハラ砂漠に来る時は、観光で来よう」
と、そう思った。

最終記録
参加者 1029名 (日本人 42名)
リタイヤ  112名 (日本人 10名)
完走者  917名 (日本人 32名)
最終順位    167位 (日本人  3位)
合計時間  35H42M01S
アベレージ 6.69km/h

b0128225_16484149.jpg

今日6/8(日)発行の中国新聞朝刊(11面)に、
今回のサハラマラソンについての記事を掲載していただきました。
もし、購読していらっしゃる方がいましたら、ご拝読いただけたら嬉しいです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
右記リンク欄の企業様に
サハラマラソン参加を応援していただきました。
ありがとうございます。

[PR]
by cajiva6517 | 2014-06-08 16:50 | MDS レポート