宮島トライ:バイクコース試走

昨日のレースの疲れはあるが、バイクに乗れない状態ではないので、
b0128225_21273577.jpg宮島トライのバイクコース試走に行った。
ランへのトランジットポイント、
魅惑の里に車を停め、コースを逆送し、登り始めのポイント、大野ICまで約45km下った。
どうやらバイクコースのスタート後10kmは、廿日市市内のフラットなコースの様だ。
大野ICからが、このレースの一番の難所と言われる永遠登りのバイクコースが始まる。
峠のヒルクライムコースは車幅が狭く路面状況も悪いので
時折現れる下りでは、無理な追い越しやスピードの出しすぎは転倒の危険性がある。
ほとんどが登りコースだが、大野ICからの5kmと七瀬川渓流からの8kmのヒルクライムコース以外は脚を休まさせることもできる。
七瀬川渓流からのヒルクライムを終えると、トランジットまで約3kmの下り。
ココが一番危ない気がする。急勾配の下りに、狭い道幅、タイトコーナー、
ここで無理にスピードを上げると、崖落ちや転倒の可能性が大きい。
ここは漕がなくてもトランジットまで行ける位の下りなので、
ランへつなげる堅実な走りをしたほうが良さそうでした。
往復90kmでしたが、100kmまで走ろうと思い、
吉和ICまで往復し魅惑の里で終了。
試走途中、何度か追い越し、追い越されたTREKとLOOKの2人組みも、
魅惑の里で休憩していたので、話しかけるとLOOKの方は、
宮島トライに参加されるとの事。おまけに僕と一緒でトライアスロン初挑戦。
彼らは、もみの木b0128225_21351797.jpgまで登って、廿日市市内に戻るということなので、
レース本番で会いましょうと別れ、魅惑の里の温泉に入り、
汗を流して、本日のトレーニング終了です。

写真上:SUPER VAAM
写真下:ココからがヒルクライム

---今日のトレーニング---
バイクコース試走(往復)100km
これからゴロゴロトレーニング
[PR]
by cajiva6517 | 2008-04-30 21:31
<< 未知の世界 チャリティーバイシクルミーティ... >>